発明

ウォーキングバイシクル(片山工業)

日刊工業新聞の小さな記事にあったユニークな自転車に注目。岡山県井原市の自動車部品メーカー・片山工業が開発し製品化した。岡山発のまったく新しいコンセプトの足こぎ自転車。人間の歩行動作そのものを動力にした画期的自転車(三輪車)。開発にあたって…

空に浮かぶ風力発電(アルタエロス)

米マサチューセッツ工科大学発のベンチャー企業・アルタエロス社が開発中の空飛ぶ風力発電に注目。なにもそこまでしなくても、と最初は思ったが、なかなかおもしろそう。 ソフトバンクがアルタエロスに700万ドル(約8億4千万円)出資するらしい。 この…

「軽労化」のための「スマートスーツ」

NHK「まちかど情報室」で紹介されていた「スマートスーツ」に興味を惹かれたので、メモしておきます。「スマートスーツ」とは、北海道大学の田中孝之准教授が開発した筋力補助器具。弾性材(ゴムバンド)の張力を利用して作業する人間の身体の負担や疲労を軽…

デザインプロデューサー・名児耶秀美(なごや・ひでよし)

NHK朝の「まちかど情報室」は毎日楽しみに見ています。昨日紹介されていたデザインプロデューサーの名児耶秀美(なごや・ひでよし)さんにはとても興味を惹かれた。 なごや・ひでよし 1958年東京都生まれ。武蔵野美術大客員教授。武蔵野美術大造形学部在…

イグノーベル賞 (Ig Nobel Prize)

ノーベル賞のパロディーとして知られるイグノーベル賞がおもしろい。 イグノーベル賞 (Ig Nobel Prize) とは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞である。1991年に創設された。 イグノーベル (Ig Nobel /ˌɪɡnoʊˈbɛl/)とは、…

佐野明人の非電化・歩行支援機(その2)

昨日とりあげた「無動力歩行支援機」、調べれば調べるほど優れた発明だと思います。「受動歩行」の原理を具現化するために、二重振り子とバネとカムの組み合わせを巧妙に利用している。あらゆる装飾や無駄をそぎおとしてシンプルかつコンパクトな装置にまと…

「非電化」歩行支援機(佐野明人)

名古屋工業大学の佐野明人教授が発明したこの無動力歩行支援機がなかなかすごい。モーターやバッテリー、センサーなどの動力源や電子機器を一切使っていない歩行支援機だ。バネの力を巧妙に利用している。脳梗塞などで脚が麻痺した人の歩行を助ける。 動力を…

鈴木康広の見立て発想術

鈴木康広さん。超おもしろい現代アーティスト。先日テレビで紹介されているのをちらっと見て気にいった。 たとえば、この「リンゴのけん玉」。 けん玉が得意の鈴木さんは、ある日、けん玉が地球の引力を利用した遊びであることに気がついた。ニュートンとい…

ノーベル物理学賞に日本人3氏 青色LED関連

青色LED関連の発明で日本人3人がノーベル物理学賞を受賞したようです。スレイブ中村と呼ばれていた中村修二さんも、勿論、受賞しました。中村さんのすごいところは、自らのアイデアを盛り込んだ実験装置を自分ですべて組み立てて製造実験を繰り返してい…

発電機能付き超小型携帯ウッドストーブ(BioLite)

今年は冷夏と予測されていましたが、梅雨が明けるといきなり猛暑。夏本番。と言えば、アウトドア!ところで、キャンプや登山に持っていくストーブ(コンロ)は普通こんな↓もの。 でもこれだと、燃料缶も携帯しなければならないし、燃料が無くなったらハイそ…

裏返しアンブレラ

これ↑台風8号で裏返ったわけではありません。 畳むとこんなふうに自立するところがすごい。 しかも雨に濡れた面が内側になるので、混んだ電車の中でも周りに迷惑をかけない。おもいやりアンブレラ。 逆転の発想というか、この裏返しの発想には感心した。こ…

組紐技術を活用した人工筋肉

先日の朝のニュースで放送されていた組紐(くみひも)の伝統技術を活用した人工筋肉に注目。 この細い繊維状のものが今回開発された人工筋肉。 倉敷市の従業員30人の町工場の組紐技術が人工筋肉の開発の決め手になった。岡山大学との共同研究。組紐の伝統技…

世界最小の無線操縦ヘリコプター「ナノファルコン」

これ気に入りました。ギネス認定の世界最小・無線操縦ヘリコプター「ナノファルコン」。全長8.11センチ、重さ11g。手のひらどころか指先に乗るヘリコプター。昨年(2013年)6月発売。動くミニチュア工芸品。ただし、操縦はかなり難しそうです。…

スギの間伐材を曲げて強度に優れた家具にする技術(天童木工)

朝のNHKニュースで山形県の天童木工という会社の杉間伐材の有効利用技術が紹介されていたを見て、思わず目が釘付けになった。 これ↑は柳宗理がデザインしたバタフライスツール。 天童木工の社長さん(名前は失念)、先祖から引き継いだ杉山が荒れているのを…

3Dプリンターの悪用はダメよ

3Dプリンターが様々な分野で活用される時代になってきた。 そもそも3Dプリンターは日本人の発明によるものだと言われています(これについては後日検討する予定)。 米国では3Dプリンターを使った銃器の個人製造が問題となっていますが、とうとう日本でも…

ワイヤレス給電技術(アドバンテスト)

日経産業新聞の小さな記事で見たアドバンテスト社が開発したワイヤレス給電技術にちょっとびっくりした。既に実用化されている。YouTube動画でも紹介されている。これって昔ニコラ・テスラが考えていた無線送電システムのミニ版ではないか! ワイヤレス給電…

猫耳と尻尾

脳波の状態を検知して動きをコントロールする猫耳と尻尾の発明。これがなかなかおもしろい。 Shota Ishiwatari(石渡昌太)という日本人の発明。 まずこれ↓はnecomimi(猫耳)。集中するとピンと立ち、リラックスするとしなだれる猫耳。 これさえあれば、言…

小保方・万能細胞(つづき)

MOT(技術経営学)がご専門の「新ベンチャー革命」さんのこの記事が興味深い。小保方春子さんの世紀の大発明がハーバードのチャールズ・バカンティ教授に取られちゃったのは、日本に科学技術・イノベーションに対する「目利き」がいなかったから、という…

万能細胞(小保方晴子)

昨日は朝から仕事場でも大騒ぎでした。小保方晴子(おぼかた・はるこ)さんの万能細胞。30日付けのネイチャーに発表されています。http://www.nature.com/news/acid-bath-offers-easy-path-to-stem-cells-1.14600ということは、発表前に特許出願されている…

小保方晴子女史の万能細胞(続報)

欧州特許庁のサイトで今回の万能細胞に関するPCT国際特許出願の公開公報を見つけたので、ちょっと調べてみました。 公開番号:WO2013163296 (A1) 発明の名称:GENERATING PLURIPOTENT CELLS DE NOVO 全文は131頁の超巨大な明細書です。70以上あるク…

小保方晴子女史の万能細胞がハーバードに奪われてしまう?

今世紀最大の発明と思われる小保方晴子女史の万能細胞がハーバードに奪われてしまうのは残念です。たんなる杞憂であれがいいのですが・・・こんな本が出ていたのですね。ソエ爺の学問道場に紹介されていました。読んでみよーっと。http://www.snsi.jp/tops/k…

スチームパンクな蒸気計算機

これは蒸気エンジンで駆動する計算機。発想がおもしろい!電池技術文明が崩壊してもこれさえあれば大丈夫(・。・)ぷっ♪レトロ・フューチャーなスチームパンク計算機の決定版。●蒸気駆動式電子演算器を作ってみた【スチームパンク】 http://www.youtube.com/watc…

偏屈のすすめ(フランソワ−ポール・ジュルヌ)

この本、ジュンク堂の時計関係本の売り場に平積みになってました。10月10日に出たばかりで湯気がたっていたので冷めないうちに一気に読む。 機械式時計に興味がある人、将来時計師になろうと思っている人は必読。いや、時計だけでなく、モノづくり全般に…

Invisible Bicycle Helmet「目に見えない」自転車用ヘルメット

この↑女性、実はヘルメットを装着しています。見えませんが。日経産業新聞に出ていたちょっとおもしろい自転車用ヘルメット。スウェーデンの女子大生ふたりが7年かかって発明し製品化したそうです。日本でも11月に発売予定。 Invisible Bicycle Helmet 「…

日本人技術者の快挙

iPodに使われているリング状のクイックホイールは日本人発明家の特許を侵害しているとして、東京地裁がアップル社に対して3億3600万円の賠償を命じる判決を言い渡したというニュース。驚きました。個人がアップルという巨大企業相手に勝ち取った特許権…

窓発電のための有機薄膜太陽電池(中塚英美(なかつか・えみ))

早朝、仕事場に着くと、まずコーヒーを飲みながら日刊工業新聞を読む。メモをとりながら。一般紙はほとんど読まない。トリモロス・アヘのプロパガンダ記事を読んでもおもしろくないし。日刊工業新聞は、ものづくり王国・日本の動向が躍如としていて元気にな…

仰向け机

これ欲しい!サンコーという会社の製品「仰向けゴロ寝deスクワイドCOOL」。逆転の発想だ。しかし冷静に考えると、これ本当に便利なのか不便なのかよくわからない(・。・)ぷっ♪入院中の人にはいいかもしれない。気になる価格は7980円。 天板にはファン×2基を…

ハブの無い自転車

自転車は、知らないうちに密かに進化し続けている。「自転車は未来の乗り物」と言ったのは、高崎の自転車工房CYCLETECH-IKDの店主の言葉。名言である。(我が家のバイクフライデーtikitはこちらでゲットした) http://ikd21.exblog.jp/以下の動画に注目。こ…

トンボからヒントを得た微風駆動型小型プロペラ風車(小幡章)

日本の政情、とりわけ司法官僚ぐるみの小沢謀略裁判事件をみていると暗澹たる気分になるけれど、日本人の生み出す技術をみているとワクワクしてくる。こちらの方が精神衛生にとっては良い。 5月6日NHKで放送のサキどり「医療!エネルギー! スゴイぞ 虫…

Flying Car(空飛ぶクルマ)

同じ空を飛ぶものでも、北朝鮮のミサイルよりもこちらの空飛ぶ車の方が断然おもしろい。どうせこの北朝鮮ミサイル発射騒動は、米国戦争屋(金融詐欺裏権力)のシナリオによる自作自演茶番劇なのだから。日本は米国のミサイル防衛システム(MD)を買わされ、…